【食味レビュー】雄宝食べてみた【シャインマスカットが親】

品種

こんにちは、北風と太陽のニーナです。

今後の栽植品種の検討ということで食べたことのない品種を食べるようにしています。

今回は志村葡萄研究所さん交配の雄宝を食べてみました。

雄宝と言えば、人気のシャインマスカット天山という1粒40g越えの大きいぶどうを掛け合わせた品種で、見た目がデカいシャインマスカットという事でひょっとするとシャインマスカット超えもあるかも!とすごく興味のわく品種です。

雄宝、届いた

志村葡萄研究所さんのネットショップで購入しました。

緑色のぶどうが雄宝で赤色のは我が道という新品種です。

天晴と我が道とクイーンセブンを注文したのですが、天晴は病気で出せないと電話がありました。クイーンセブンは他2品種と収穫時期が違うので同梱できなかったのだと思います。残念。

買う側の知識が試される場…。

 

雄宝、計ってみた

このインパクト!この重量!分かりますか?!

顔のサイズを超えるほどの大きさです!

房重1㎏越えも勿論すごいんですけど、1粒30g以上あるものもあり、こんなことができるのか⁈と、まさに圧巻。

新米ぶどう農家は常識を覆されました。

とはいえ、粒が大きくこれだけ房が重くなると味がのるのか?という不安はあります…。

 

雄宝、食べてみた

1口目、とにかく歯触りの良いぶどうです。

シャインマスカットほどの弾力も皮の固さも感じずスッと軽く歯の通りに、これ本当にぶどうか?という感想をもちました。

甘さはあっさりしていて房肩から房尻にかけて甘味がするりと薄くなっていく感じ、マスカット風味もないので薄く味のついた水のようです。

他の果物に例えるなら「梨」です。でも果汁は少なめ。

いいもわるいも評価の分かれるぶどうだと聞いていたので、そう評価されるのもわかるわ~といった感じです。

ただシャインマスカットほどの皮のシャキシャキ感(苦手)がなく、癖もないので食べれちゃいます。

歯ざわりは個人的に最高。

これに甘さとマスカット風味が乗っかれば最強なんだけどなぁ。とボヤキたくなる品種です。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました