【ジベレリン処理の道具】らくらくカップ使ってみた

育て方

こんにちは、北風と太陽ぶどう園のニーナです。

最近ジベレリン処理の道具、「らくらくカップ2 」を買ったのでレビューしてみようと思います。

らくらくカップ2って?

らくらくカップは単1電池で動く電動のジベレリン処理機です。

2回目のジベレリン処理の時に使います。

特徴

  • カップを傾けても液がこぼれない
  • 枝を折りにくい
  • 最大3ℓ入る

使い方

 

 

 

 

 

 

カップにスイッチがついていてこれを押している間、カップに巻いてある管からジベレリン液が噴射されます。

カップ内に液が溜まらずタンクに戻っていくのでカップをタンクの下に置かない限りカップに液がたまることはありません。

2~3回往復させると房にしっかりジベレリン液が付着するそうです。

2回目の処理なのでジベレリン処理後に房をゆすって液を落とします。

使った感想

普通のカップでジベレリン処理をするときは、液をこぼさないようにする為に枝を無理やり折り曲げ折ってしまうことがありました。

らくらくカップならカップ自体を軸の流れに合わせることが出来るので枝折り本数は0本でした。

間違えて1回目のジベレリン処理の時に使ったら水圧で実が落ちていったので枝梗の弱い時期に使うのはやめた方がよさそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました